2017年度始まりましたね〜

新年度になり1ヶ月が過ぎました。2年間の人事部長を終え、教育主任へ返り咲き(?)です。18名の新人が入社し大学には13人が入ってきてくれてとても活気があります。皆、それぞれ自分の未来を思い描いていて日々刺激を受けております。若者が希望を持ち続けられる組織であるように自分なりに尽力したいと思います。
教育主任は以前も担当していましたが、この2年の間に業務量が明らかに増えた印象です。教育が重要であることは論を待たないですが業務が増える一方で教育に関わる人員数は変わらず、さらに臨床業務は未だ右肩上がりなので、大学教員という名の臨床医の負担は増える一方です。以前の経験を元にひらりひらりとかわしながら質は維持しつつ実務を遂行したいと思いますが、早く何とかしてほしいのは新専門医制度です。もう2年くらい迷走していますが、振り回される初期研修医や現場で実務を調整する側の労力をどれだけ無駄にしてきたことか。毎年毎年、この業務に時間を削られています。経済的損失は結構大きいのではないでしょうか。実態として何か変化があったとすれば、専門講習参加により学会参加者が無駄に増えたことくらいです。
臨床、教育とくれば研究ですが、今年度もお上から研究費を頂けることになりました。研究費の有無は大学教員の根幹だと個人的には常々思っているので、ひとまず安堵しました。興味深い報告ができるように今年こそ腰を据えてベンチワーク頑張ろうと思います。

春になってテニスは屋外コートでの活動が始まりました。昨年の夏にテニスを再開した時には肥満防止戦略程度の意識でしたが、魅力ある多くの仲間に恵まれ、勝ち負けにこだわる活動になってきました。つい先日、シングルスの試合に出ました。予選2試合と本戦1試合勝って、準決勝で20代現役テニスコーチと対戦しました。グリグリスピンの速いボールに対して、自分が不惑越えであることを忘れてガチで打ち合っていたら、4-5のサービスゲーム中に突然、腰と膝が笑いまくってブレークされて終戦しました。ひらりひらりとかわすテニスを始めたら?と諸先輩方に勧められますが、大人気なく打ち抜くテニスをもうしばらく続けたいと思っています。そのためには、、、と色々と戦略を練るのも最近の楽しみの一つです。
本業が忙しいほどプライベートも充実してくるというのは真理だと思います。

では、今年度もみなさまよろしくお願いします!

[PR]

by goritousan | 2017-04-30 09:54 | 徒然